地域に密着!長岡京市周辺の賃貸情報、お気軽にご相談下さい。

0120-036-219

長岡京市・向日市・大山崎 賃貸専門サイト

美味しい食パン

こんにちは谷本です。

今は高級食パンのブームだそうですね。

食パンのような大型パンを焼くのはとても難しく、

なかなかキメが揃わなかったり荒くなったり・・。

なので、もっぱらホームベーカリーに頼ることになります。

でもやっぱりお店のこだわり食パンには到底かないません。

先日もテレビ番組で紹介されていましたが、

京都の「グランマーブル」とっても美味しいですね。

以前は祇園が一番近かったのですが、今は京都駅直結

京名菓・名菜処亰(みやこ)にもおいてくれるようになって嬉しいです。

そもそも京都はパン屋さんの激戦区。パンの消費は全国1位だそうです。

そこに今度は「銀座にしかわ」が桂にお店を出してくれました。

やわらかくてキメが細かくて甘くて・・評判どおり、とっても美味しいです。

そのまま食べて美味しいので、食べ過ぎにご注意。

食パンブームは、まだしばらく続きそうです。

 

 

ネコおかでん乗りました

こんにちは谷本です。

これらは電車の天井とシートです。

どこかで見覚えのある方もいらっしゃるでしょう。

そう、和歌山で人気の猫電車です。

でも私が乗ったのは岡山の路面電車「おかでん」です。

正面には猫の耳もついているのです。

感激のあまり、おかでんミュージアムまで乗車しました。

ムスカリが咲きました

こんにちは谷本です。

寒い間は軒の下に移しておいたプランター、

ふと見るとかわいいムスカリが芽を出していました。

ひとつ、ふたつと初めは小さい花が少しだけ・・

でも、いつの間にかたくさんの花芽が出そろいました。

しかも昨年よりも数が増えているように思います。

私はいつまでも寒さ寒いと言っていたのですが、

植物は自然の移ろいを良く知っているものですね。

プランターは良く日のあたるところへ引越しました。

 

山口のお土産

こんにちは谷本です。

なぜか春は同級生たちと会う機会が多く、

広島や中国に住んいる高校からの友人達と倉敷で同窓会。

田舎では小学校の同級女子会も予定されています。

春になると学生時代が懐かしく思い出されるからでしょうか。

時々会っていても話のつきない学生時代からの友人達です。

先日は山口に住んでいる友人が京都に寄ってくれました。

東京へ行く途中で下車してくれて、一緒にランチしました。

やはり高校生の頃からの友人です。

美味しく珍しいお土産を頂きました。

桃の花

こんにちは谷本です。

先日まで梅の花がいい香りだと思っていたら、

今はかわいい桃の花が咲き始めました。

自然の木々は良く季節を知っていて、

時期になるときちんと花を咲かせてくれるのですね。

3月3日は桃の節句。桃の花を飾ってみました。

厄除けなどの意味もあるそうで、

万葉の時代から皆に親しまれてきたそうです。

 

太~いりっぱな白ネギ

こんにちは谷本です。

鍋物の美味しい季節ですね。

すき焼きや鍋物に欠かせないのが白ネギですが、

中でも甘くておいしいのが下仁田ネギや深谷ネギ。

そのままシンプルに焼くだけでも甘くてトロっトロ。

匂いが苦手な方がいらっしゃるかもしれませんが、

ネギ好きの私に埼玉の友人が送ってくれました。

 

犬もコタツでまるくなる

こんにちは谷本です。

寒い日が続いていますね。

我が家はエアコンだけでなくコタツも出していて、

敷物にホットカーペットも併用しています。

かなり寒い家なので電気代は覚悟しています。

その上、我が家のリクは犬でも寒がりです。

自分の毛布の上に丸まっているだけでなく、

コタツの中にも入り込んで丸まっています。

温まってくると顔をだしで調整はしているようですが・・・

今年の味は・・?

こんにちは谷本です。

実家に植わっているデコポンの木。

昨年の夏の暑さで少し弱っていたので、

数が少なく、どれも小さめですが、

それでも何とか色づいてきたからと、

母が宅配便で送ってきてくれました。

例年より酸味が強く、

けなげに育ってくれた味でした。

 

 

猪突猛進!

あけましておめでとうございます。

新しい年、皆様はどのようにお迎えになられたでしょうか。

私は田舎に帰省し、のんびりと年始を過ごしました。

でも今年はいのしし年、そろそろ走りださなくては・・と、

今年の干支、ウリ坊(・・のつもり)のパンを焼きました。

楽しい良い年になりますように・・・

今年もよろしくお願いいたします。

 

なおっていました

こんにちは谷本です。

大山崎のお隣、八幡市には日本最大級の木製橋が有ります。

流れ橋として親しまれていると通り、台風などの大洪水の時は、

水をせき止めないように、被害が大きくならないようにと

木の橋がばらばらになって流れるそうです。

でもワイヤーで繋げているらしく、また改修出来るという仕組み。

昨年、見に行った時は橋になっていなかったのですが、

先日はきれいな橋になっていました。

先人の知恵は素晴らしいですね。